6月G20 核のごみで国際会議 最終処分協議  日本学術会議2012.9回答に戻るべし

2019年5月25日付毎日新聞「核のごみで国際会議 最終処分協議 政府、G20提案へ」を読み、提案する政府の認識を疑いました。

  2019年5月25日付毎日新聞
            
画像



                  

毎日新聞では行き詰まる核のごみ処分場対策と位置付けとして、
  先行する欧州などの知見を共有しつつ、
1.研究所間の協力や人材交流を促進。

2.国際協力の基本戦略
  →1と2は JAEAの報告書などから、今でも十分実施していると思います。

3.国民への説明の仕方などをまとめた事例集を策定する。
  →既に、旧原子力委員会が2010年に日本学術会議に諮問し、回答を得ています。
  再度、国際会議の名を借りて、日本国民に処分場押しつける方便ではないかと疑います。
  つまり政府の焦りです。
  
  しかし、今必要なのは、原発と再処理政策を廃止することです。
  電気は余り、原発も再処理も不要です。
  未だ生まれていない人たちにまで、核のごみを押しつける政策は、
  倫理面からも、経済面からも破綻しています。

  そもそも、2010年、原子力委員会が日本学術会議に「国民への説明の仕方」を諮問し、
  2012年9月、日本学術会議が回答しています。
  学術会議回答:
   「社会的合意の欠如のまま、高レベル放射性廃棄物の 
   最終処分地選定への合意形成を求めるという転倒した手続き」 
  真っ正面から日本の原子力政策を批判しました。
  日本学術会議の回答に立ち返るべきです。



核のごみで国際会議 最終処分協議 政府、G20提案へ


毎日新聞2019年5月25日 09時00分(最終更新 5月25日 09時00分) リンク
日本原燃の使用済み核燃料再処理工場内の施設で、ふたの下に保管されているガラス固化された「核のごみ」=青森県六ケ所村で2018年12月10日、佐々木順一撮影

 政府は24日、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分の実現に向け、国際的な会議を設ける方針を明らかにした。6月中旬に開かれる主要20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合で合意を取り付けたうえで、今秋の実現を目指す。原発保有国共通の課題である最終処分を巡り、主要国が参加する会議の設置は初めて。各国間の連携を強化し、国際協力の「基本戦略」策定などにつなげる狙いがある。


 高レベル放射性廃棄物は、ガラスと混ぜて固めた「ガラス固化体」に加工した後、地中施設に埋めて「地層処分」される。日本は冷却のため30~50年保管した後、地下300メートル以上の安定した岩盤に埋設する方針。フィンランドは既に最終処分施設を建設中で、スウェーデンも建設予定地の安全審査を行っている。ただ、施設が稼働した例はなく、日本では予定地を選定するための事前調査すら始まっていないのが現状だ。

 このため、政府は6月15、16日に長野県軽井沢町で開催されるG20エネルギー・環境関係閣僚会合で最終処分の実現に向けた協力を各国に呼びかける。秋に国際的な会議(ラウンドテーブル)を設け、各国間の連携を強化する。具体的には、先行する欧州などの知見を共有しつつ、研究所間の協力や人材交流を促進。国際協力の基本戦略や、国民への説明の仕方などをまとめた事例集を策定する。

 最終処分を検討する原子力発電環境整備機構(NUMO)によると、地層処分の考え方は、1957年に米国の学会で初めて示された。日本は62年に検討を開始。2017年に資源エネルギー庁が、地層処分について全国の適地を示したマップを公表したが、住民の反発などで候補地の選定作業は進んでいない。【中津川甫】


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック