G20利用 核のゴミ処分地押しつけ国際会議設置  政府のもくろみ達成なるか?

 【追記 2019年6月23日 既に日本は核のゴミを抱える各国や国際機関と十分な協力、連携実施 更に連携の目的は??】  G20利用  核のゴミ処分地押しつけ国際会議設置   2019年5月25日付毎日新聞の報道(リンク)どおり、6月20日のG20最終日に世耕経済産業大臣は、核のゴミ処分場選定の後押しを狙った「最終処分国際ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月G20 核のごみで国際会議 最終処分協議  日本学術会議2012.9回答に戻るべし

2019年5月25日付毎日新聞「核のごみで国際会議 最終処分協議 政府、G20提案へ」を読み、提案する政府の認識を疑いました。   2019年5月25日付毎日新聞                                 毎日新聞では行き詰まる核のごみ処分場対策と位置付けとして、   先行する欧州などの知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲノム編集の夜明けと原発の末路 -遺伝子の核と原子の核-

チェルノブイリ救援・中部 機「ポレーシェ」関誌 N0171 2019.05.31から、河田昌東氏のコラムを掲載させていただきます。          「ポレーシェ」のコラムはこちらに掲載されます。    連載123      ゲノム編集の夜明けと原発の末路       -遺伝子の核…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核のゴミ研究所と処分場 極めて近い仏と日本 原子力の本質

 2018年11月18日放送 JNNドキュメンタリ―   「届かない声…フランス『核のゴミ』最終処分場に揺れる村」は原子力の本質を暴き出した番組です。     リンク                           ◆フランス 研究所選定の経過  フランス政府は1998年に放射性廃棄物処分研究施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎月3,300万円!年4億円強! 超深地層研究所の湧水汲上げ、浄化、汚泥処理費

 超深地層研究所はフッ素やホウ素を含む地下水が1日に900トン※~700㌧強湧水、100m毎に汲み上げて地上の水処理設備で薬品処理して環境基準に合わせて放流しています。   ※2014年2月研究所の排水 月平均944㌧/日 リンク     2019年4月研究所の排水 月平均 772㌧/日  リンク     2019年2月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瑞浪市でチラシ配布 昨年9月、今年3月

 1995年8月、突然の超深地層研究所計画から23年が経過しました。  なぜ瑞浪市に核のゴミ処分研究所がもたらされ、2022年1月の賃貸借契約期限が発生し、なぜ市長や知事が期限までに埋め戻して地主の瑞浪市に返還することを強く求めているのか、このことを知ってもらいたいとの願いから、瑞浪市内で以下のチラシを配布しました。      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「瑞浪超深地層研究所の埋戻しに着手する」明記 文部科学省予算

【追記2019.5.7 機構年度計画  国立研究開発法人日本原子力研究開発機構の平成31年度の業務運営に関する計画(年度計画) 平成31年4月10日変更  別添 リンク (3)高レベル放射性廃棄物の処分技術等に関する研究開発 1)深地層の研究施設計画   p.26~27 超深地層研究所計画については、深度500mまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッテリー40㍍落下で火災発生 瑞浪地下研究 坑内作業手順は守られたのか

2018年の5月16日地下200mの水平坑道火災に続き、昨年の火災から10ヶ月あまりの今年3月8日、また、地下坑道で火災が発生しました。 地下460mで配管設置作業中に、最深部の坑道500mにドライバーのバッテリーを落とし、その衝撃でバッテリーが発火したとのこと。 40m落下したので乾電池の衝撃は相当大きかったはず。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研究所契約期限までに埋め戻して返還! 計画新年度早期提示と表明

【追記 2019年2月23日 岐阜新聞コラム「分水嶺」をアップ 】  岐阜新聞コラム2019年2月22日「分水嶺」 適切な内容、経済産業省の発言も取り上げられています。             2月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力機構パンフ「埋め戻して返還」文言削除 抗議に「シールを貼って対応と」

私たちは、超深地層研究所に反対する市民グループは、2019年1月24日(木)原子力機構東濃地科学センターのパンフレット「地層を科学する」の一部記載削除について原子力機構に質問しました。  原子力機構は配慮が足りない部分があったと認め、指摘部分をパンフレットに貼って修正すると回答しました。       「地層を科学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経団連中西会長 原発継続にらみ立ち回り 国策原発政府が納得させろ 記者会見要旨

東京新聞朝刊2019年1月18日特報 経団連会長「再稼働どんどんやるべき」真意は? 原発継続にらみ立ち回り   前は「民意反対ならつくれぬ 日立の英輸出凍結「国内で取り戻し期待」 国策につきあう経済界「政府は国民を納得させろ」 発言の真意は何か。経団連の中西宏明会長が15日の記者会見で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日立会長中西氏本音「どんどん再稼働を」 原発の新設や増設も必要!

 当ブログ2019.1.10が残念ながら、的中していました。  「国民が反対する原発をつくるには  国が公開で本格的討論すべき、とは?」      リンク 原発を建設して儲け、国策を振りかざし住民の意思など物ともせず原発推進した原発メーカー。  その原発メーカーも海外では建設が思うにまかせない。  ならば政府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民が反対する原発をつくるには  国が公開で本格的討論すべき、とは? 

1月1日の日本経団連会長中西宏明(日立製作所会長)のエネルギーや原発発言への考察 報道タイトルから、報道内容から脱原発への変化と歓迎する向きもあります。 しかし、私は以下の発言を手がかりに考えました。  国民が反対するものをつくるにはどうしたらいいのか。  「国民の前で、公開の本格的な議論をする必要がある」 の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関電敷地内の乾式貯蔵せず 再処理工場2021年度竣工に期待

福井県内の原発立地自治体は、敷地内での乾式貯蔵を前向きに検討する姿勢を示しています。  ところが関電はこの対応を喜べません。  福井県知事に県外に持ち出すことを大飯原発3,4号機再稼働の条件とされため、原発敷地内での乾式貯蔵は禁句です。  そのため、およそ現実的でない六ヶ所再処理工場が2021年度上期に竣工する※ので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核のゴミ処分場 断るルールが無い国・日本、断るルールが守られる国イギリス 

 イギリスでは、2008年、再処理工場のあるカンブリア州と同州のアラデール市とコープランド市が核のゴミ処分場に関心を示し、選定手続きに入りました。  しかし、2013年1月 コープランド市議会賛成、アラデール市議会賛成、カンブリア州議会反対で、撤退を決めました。     イギリスでは新しいプロセスでも、撤退する権利、条件が明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南大隅町長 核ごみ処分場推進派から現金1000万円

【2018.12.22追記   ニュースサイト ハンター 2013年2月28日 薩摩に蠢く原子力ムラ  ―鹿児島県・南大隅町に重大疑惑―             リンク ニュースサイト ハンターはこれ以降、頻繁に関連記事を掲載しています。】  核のゴミ、核のゴミ処分場には常に、「金」がつきまと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜原発30㌔圏 揖斐川町坂内地区の原子力防災訓練見学

 2018年11月25日、福井県美浜町に建設されている美浜原発3号機の原子力災害を想定した避難訓練が、30圏内の岐阜県揖斐川町坂内地区を対象とした原子力防災訓練があり、揖斐川健康広場で行われた、汚染検査、除染の手順、原子力防災学習会などを見学しました。 1.携帯への緊急メール受信   大垣市から揖斐線で揖斐川町に向かう途中で携帯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これで信頼?!NUMO報告書 核のゴミ処分場の真下から新火山、オーバーパック1万7千年維持

 原子力発電環境整備機構は2018年11月21日、「包括的技術報告書(レビュー版)」を記者会見で公表しました。    しかし、「包括的技術報告書」の礎が原子力機構の「わが国における高レベル放射性廃棄物地層処分の技術的信頼性—地層処分研究開発第2次取りまとめ— 」(通称「:2000年レポート」1999年11月)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「抗議文」で対応 核のゴミ処分場住民説明会岐阜 

 2018年10月28日、核のゴミ説明会が岐阜市内で開催されました。これは7月7日の豪雨による中止のやり直しです。  抗議文提出が市民権を得た、これが今回の意義です。  2018年7月7日の抗議行動にリンク   中日新聞 岐阜県内版    朝日新聞岐阜県内版  共同通信社の取材もあり、記事は多くの新聞社のウェブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回答掲載 核のゴミ研究所 省庁質疑で埋め戻し予算の日程切迫指摘、研究所と処分場計画一体化を暴く

 【追記  2018年11月14日 質問と省庁の回答をアップしました。   福島みずほ参議院議員から出していただいた質問と原子力委員会、経済産業省、文部科学省の回答を追加しました。  ある方から省庁の回答を知りたいとの要望がありました。  私は、回答内容が余りに酷く、アップする意欲を失っていました。  しかし、省庁のありさま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more