超深地層研究所に関する瑞浪市長選挙立候補者への公開質問書と回答 

7月12日は瑞浪市長選挙の投開票日です。
立候補者に超深地層研究所に関わる質問をし回答をいただきました。


2015年  7月  1日
瑞浪市市長選挙立候補者
水野光二 様
井澤康樹 様

no nukes とエコ・東濃 早川しょうこ
放射能のゴミはいらない!市民ネット・岐阜 兼松秀代
核のゴミから土岐市を守る会 永井新介
埋めてはいけない!核のゴミ実行委員会・みずなみ 市川千年

公開質問書

私たちは、瑞浪超深地層研究所の周辺地域が、将来的に高レベル放射性廃棄物の地層処分場に選定される危険性があるとして、瑞浪超深地層研究所に反対する市民団体です。

2011年3月11日の事故以来、国内の原発は全て停止したまま4年が経過しました。

この間政府は原発をベースロード電源と位置付け、再稼動や古い原発のリプレースを進めようと準備を進めています。一方ドイツでは福島の原発事故をきっかけに2022年に最後の原発を停止すると決定しています。また原発事故処理の見通しが立たない現実が明らかになるにつれて、国民の間において高レベル放射性廃棄物の処分については困難な課題であるとの認識が深まって来ました。

高レベル放射性廃棄物は300m以深に地層処分するとの方針のもと、NUMOを主体に公募形式で候補地選定を進めてきましたが、具体的な地域を選定するに至っていません。このため新たに国の指導の下に科学的有望地を複数選定し、その中から処分候補地を決めるとの方針が打ち出されました。さらに6月17日には岐阜県下の市町村向けに非公開での説明会が開催され、研究所を有する瑞浪市も例外ではないとしています。

私たちは科学的有望地選定の場合、長年に渡り調査されてきた瑞浪超深地層研究所の周辺地域が選定される可能性は高いと考えます。

今後瑞浪市の市政を担うに当たり、研究所について御意見を聞かせていただきたく質問書を送付します。回答は返信用封筒にて郵送をお願いします。また、7月8日必着とさせていただきます。ご不明な点等ありましたら下記電話番号までお問い合わせください。

ご協力をよろしくお願いいたします。


質問と回答書

1、原発再稼動について、賛成、反対、その他、理由も簡潔に記述願います。
賛成   反対  その他 ※○で囲んで下さい
理由 ※回答された理由を記述してください


・水野光二候補 反対
 福島第一原子力発電所の事故以降、国内外で原子力発電そのものの安全性が問われ続けており、原発の再稼働より再生可能エネルギーなどへの転換を進めるべきである。

・井澤康樹候補 反対
 家庭用燃料電池による自家発電を国の政策として、早急に確立させることにより、脱原発社会を実現させるべきと考えます。


2、高レベル放射性廃棄物処分地について国は基本方針を改定し今後は国が前面に立って進めることになりましたが、このことをどのように評価しますか。


・水野光二候補 
 今後は国が、国民及び自治体に対し、処分地選定に向けた活動に関する情報や、最
終処分に関する技術的情報などを積極的に公開し、原子力政策を進める国の責任において処分地選定が円滑に行われることを期待する。

・井澤康樹候補 
 すでに、調査地を今後は国が選定し、自治体に申込むことが新聞発表されたおりに、瑞浪市長としては調査希望が出た場合、遠慮することが大事として、フェースブックにて表明しました。


3、超深地層研究所は2022年1月までに埋め戻しとなっています。瑞浪市は毎年約5億円の交付金を受け取り、義務教育以下の子どもたちへの医療費などにあててきましたが、これが無くなってしまうことになります。これをどのようにカバーしますか。


・水野光二候補
 電源立地地域対策交付金は恒久的なものではないことを念頭に置いて財政運営をしてきた。今後も、これに依存した財政運営にならないよう努める。

・井澤康樹候補 
 すでに、新たな研究へシフトすべく申込を国は募集したにもかかわらず、陽子線治療研究に気づかずにきています。アンテナを高くして、次の研究体制を一早く察知し、申込むようにします。


4、岐阜県知事は2022年に研究所の立抗埋め戻しの意思を表明されていますが、研究所の埋め戻しと閉鎖について、賛成、反対、その他、理由についても簡潔に記載願 います。
   賛成    反対     その他 ※○で囲んで下さい
理由※回答された理由を記述してください

・水野光二候補 賛成
 研究所の用地は市有地であり、当市との土地賃貸借契約に基づき履行されるものと考えている。

・井澤康樹候補 反対
 岩盤の強い地域の特性を生かした、世界の情報をデータ管理する施設の可能性を探りたい。その場合、大きなヘッジも必要となるので、国際的機関と連携し、国際情報管理センター(仮)を提案したいと思います。


 水野光二候補の回答にリンク

 井澤康樹候補の回答にリンク