れんげ通信ブログ版

アクセスカウンタ

zoom RSS もんじゅ廃炉の難関 核燃料移送は模擬燃料移送で「訓練」

<<   作成日時 : 2018/06/20 13:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

もんじゅの廃炉作業が始まりました。
事故なく、無事、核燃料を取り出すことができるよう、祈るような思いです。


その第一歩が、原子炉から取り出してある模擬燃料を使って、移動させる訓練です。


NHK福井
もんじゅで核燃料を移送する訓練

       リンク

06月19日 12時30分

福井県敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」で7月から始まる本格的な廃炉作業に備えて、19日、核燃料を移送する設備の操作方法などを確認する訓練が始まりました。
                   
画像


               

敦賀市にある「もんじゅ」では7月から核燃料の取り出しなど廃炉へ向けた本格的な作業が始まる予定で、運営する日本原子力研究開発機構は作業開始に備えた訓練を19日から始めました。
                       
画像

        

訓練は、核燃料と同じ大きさや重さの模擬燃料をクレーンなどを使って専用の保管場所に移すもので、移送に使う設備の操作方法などを確認しながら、21日までに模擬燃料10体を移す予定です。

                    
画像


その後、▼設計図や手順書を見ながらトラブルが起きた際の対応を確認したり、

        
▼貯蔵槽に仮置きされている核燃料を移送する設備を使って、制御棒をつり上げる訓練を行うなどして作業に備えることにしています。


  7月から始まる作業では、貯蔵槽に仮置きされている核燃料160体のうち100体を、約半年かけて1日1体ずつ燃料プールに移送する計画ですが、水や空気などに触れると激しく燃焼する性質がある液体ナトリウムを取り除くなど慎重な作業が求められます。


                
画像



                   
画像


原子力機構は「核燃料の取り出し作業に向け安全を最優先に訓練を行っていきたい」と話しています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もんじゅ廃炉の難関 核燃料移送は模擬燃料移送で「訓練」 れんげ通信ブログ版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる