アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
れんげ通信ブログ版
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
もんじゅ廃炉巡り、機構に「敦賀実証本部」 政府が調整 電力、メーカーから10人程度
もんじゅ廃炉巡り、機構に「敦賀実証本部」 政府が調整 電力、メーカーから10人程度  福井新聞によると、もんじゅ廃止措置のために、具体化していなかった原子力機構の「敦賀廃炉実証事業部門」を来年4月をめどに設置するため調整中と報道されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/19 19:25
進むか廃止措置計画提出 もんじゅ 廃炉交付金60億円を上乗せへ 文部科学省
進むか廃止措置計画提出 もんじゅ 廃炉交付金60億円を上乗せへ  文部科学省 2017年11月18日 NHKの記事に「もんじゅ 廃炉交付金60億円を上乗せへ 文部科学省」がありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/19 18:57
規制委2度目の視察 規制委「廃炉計画早期提出を」 もんじゅ監視チームが設備確認
 新もんじゅ訴訟は廃止措置計画が規制委に提出され、規制委が計画を承認するまで、訴訟を継続します。  もんじゅは今年6月13日に 政府の「もんじゅ」廃止措置推進チームが「もんじゅ」の廃止措置に関する基本方針を決定し、この日から5年半で使用済み核燃料を取り出すことになっています。  規制庁は早期の廃止措置計画の提出を求めますが、原子力機構は7月には8月になったらと言い、8月になると11月、12月にはと言い先延ばししていました。  その理由の一つに地元理解を得る必要を持ち出します。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/19 18:30
【NUMO動員】原発行政のゆがみ正せ 高知新聞社説 
> >【高知新聞】社説 【NUMO動員】原発行政のゆがみ正せ  リンク    2017年11月19日  原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場の候補地選定について、経済産業省と原子力発電環境整備機構(NUMO)が開催した住民意見交換会に、広告業務を請け負った会社が謝金などを約束して学生を動員していた。NUMOが明らかにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/19 13:51
核のゴミ処分場説明会 昨年のセミナーも金を支払って動員
核のゴミ処分場説明会 昨年のセミナーも金を支払って動員 核のごみセミナー 動員学生「現金もらった」広報企業から ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/19 13:33
核のゴミ説明会 金で参加者募る NUMOと資源エネルギー庁に抗議文
核のゴミ説明会 金で参加者募る NUMOと資源エネルギー庁に抗議文  2017年11月14日、NUMOが核のゴミ処分説明会に参加する若者に1万円の日当を約束していたと発表しました。  さいたま市の会場 1万円の日当で12人参加。  東京、名古屋、大阪、兵庫の会場は1人5000円相当のサークル向け活動場所や印刷物の提供で計27人の学生が参加。  このほか、栃木、群馬、静岡、和歌山、奈良でも同様の勧誘をしたが、学生は集まらなかったとのこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/16 12:14
機構の研究終了時期 道「変更聞いていない」 幌延・核のごみ処分で
 北海道新聞新聞2017.11.01 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/03 17:01
核のごみ処分場 三重県内首長アンケート
 核のごみ処分場 三重県内首長アンケート 知事など19人「拒否」  11/2(木) 11:00配信  リンク  伊勢新聞社 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/03 16:26
研究期間の質問を拒む機構 参加者に研究機関にあらざる機構体質暴露
2017年10月31日、超深地層研究所の地層科学研究情報・意見交換会がありました。  私は地域に住む者として、事業の進め方について質問しました。  原子力機構が研究している「科学」以前の組織及び自治体との約束への対応は、核のゴミ処分に関心を持って集まった参加者に東濃地科学センターの現状を知らせる必要と、住民として確認する必要性です。   質問 1.2015年からはじめた3つの必須の課題のうち埋め戻し試験だけが期間を示していない。   いつ、期間を示すのか。  2.超深地... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/03 10:57
超深地層研究所埋め戻しスケジュール 岐阜県に示さず 傲慢な機構 
超深地層研究所埋め戻しスケジュール 岐阜県に示さず 傲慢な機構  【追記 2017.11.02  岐阜新聞記事追加】 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/29 11:29
「やり直したい過去」にしないために 読んでください「戦争に向かった分水嶺」
「やり直したい過去」にしないために 読んでください「戦争に向かった分水嶺」 2017年10月18日 東京新聞 特報 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/20 09:35
大飯原発1,2号機 廃炉検討 関電 電気売れない 安全対策費増加
 関西電力は原発の依存度が高く、福島原発事故後、企業の関電離れが進みました。  一般家庭でも、省エネや節電、電力自由化で関電離れがあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/17 19:32
核のゴミ「文献調査も処分場も受けない」要請 岐阜県内42自治体報告
 核のゴミ文献調査と処分場を受けない表明要請を、8月2日に岐阜県知事に提出し、8月10日に回答を受け取りました。岐阜県宛て要請文と結果はこちら ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/04 22:24
追記 住民説明会期日 核のごみ処分地選定方針 自治体に説明
 【追記 2017.10.14   11県住民向け説明会  日にちと会場 2017.11.10 8県の住民説明会追加】  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/27 20:53
「自治体の理解」という原子力業界用語 核のゴミ処分地を得ようとする
「自治体の理解」という原子力業界用語 核のゴミ処分地を得ようとする  経済産業省が9月19日、核のゴミ候補地図の都道府県担当者を対象とした説明会を行いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/20 13:59
核ゴミ候補地住民説明会は都道府県、市町村説明後 まずは行政を黙らせてから
 経済産業省が2017年9月13日付で「科学的特性マップに関する意見交換会」を全国で開催すると公表しました。    経済産業省とNUMOは、10月17日東京会場をスタートとし、国民(住民)向け説明会を都道府県で開くと、発表しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/14 13:13
瑞浪地下研の予算、期間、埋め戻し計画など 文部科学省、経済産業省交渉
瑞浪地下研の予算、期間、埋め戻し計画など 文部科学省、経済産業省交渉  2017年9月5日に超深地層研究所の予算、研究期間と埋め戻し計画、そしてNUMOが研究所を使うのかについて3点で文部科学省、資源エネルギー庁と話し合いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/07 16:19
赤ずきんちゃんを喰おうとするオオカミ 核のゴミ処分事業に関わってはならない
   原子力機構 幌延センターは決して、研究終了の時期を言いません。  説明した内容は下記の超深地層研究所の説明と同じです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/30 18:10
(社説余滴)核のごみ処分地の選び方 
(社説余滴)核のごみ処分地の選び方   朝日新聞2017年8月25日社説余滴 「核のごみ処分地の選び方」を読んで、17年前(2000年5月)の高レベル放射性廃棄物処分法(特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律)審議を思い出しました。  法案の都道府県知事及び及び市町村長の「意見を聴かなければならない」から、「知事及び市町村長の意見を聴き、これを十分に尊重してしなければならない」に修文されました。衆議院議員・横路孝弘氏が質問で、知事及び市町村長の意見を聴き、これを十分に尊重したけれど、やっぱりここに決めましたということなるのではない... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/27 13:45
国の候補地地図に第三者機関チェック 住民投票必要 鈴木達治郎氏
国の候補地地図に第三者機関チェック 住民投票必要 鈴木達治郎氏 中日新聞 2017年8月20日 2面記事                     ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/22 11:50

続きを見る

トップへ

月別リンク

れんげ通信ブログ版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる