れんげ通信ブログ版

アクセスカウンタ

zoom RSS 東電旧経営陣強制起訴から1年以上 第1回公判前手続き開始 早期裁判の実施を!

<<   作成日時 : 2017/04/02 10:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

朝日新聞3月30日に「東電旧経営陣の公判前整理手続き開始」という短い記事があり、強制起訴決定から1年以上経って、ようやく公判前手続きが始まったとこを知りました。


 朝日新聞東京本社版はこちら
「東京電力福島第一原発事故をめぐり、検察審査会の議決を受けて業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電元会長の勝俣恒久被告(77)ら元幹部3人の第1回公判前整理手続きが29日、東京地裁(永渕健一裁判長)で[続きを読む] リンク


福島原発告訴団ウェブに3月29日の公判前手続きにあわせて取り組まれた、東京地裁前要請行動の様子、福島の報道がアップされています。 リンク

  次回協議は4月28日午後4時からとあります。

東京電力旧経営陣の責任を認めさせるために、注目していきましょう。

3月17日の前橋地裁の原発避難者訴訟判決に対し、国と東電が3月30日に控訴しました。

 東電旧経営陣の事故責任と、国策民営で原子力発電所を推し進めた国の責任を認めさせない限り、生き延びて国民に電気代という負担を押しつけ、世界的に破綻している原子力発電を日本は延々と続ける可能性があります。
 第2のフクシマを起こす可能性も否定できません。

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東電旧経営陣強制起訴から1年以上 第1回公判前手続き開始 早期裁判の実施を! れんげ通信ブログ版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる