テーマ:超深地層研究所

『地下研究所』は処分場の入り口! 島村委員会の記録で化けの皮がはがれた

『地下研究所』は処分場の入り口! 島村委員会の記録で化けの皮がはがれた   批判に対しては「いやあれは研究施設だ」   国会で最終処分地かと聞かれたら「そうですという」  2011年の夏、NHKが「島村研究会」の映像を一部放送しました。その島村研究会で、1980年代の幌延核持ち込み研究に対し、研究会に参加した原子力委員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本気で噂を消したいなら瑞浪市否条例制定を

今ごろ、瑞浪市はこんなお知らせを出しています。  しかし福島第一原発事故が起きた直後の4月頃から、福島第一原発敷地内のがれきを瑞浪市の超深地層研究所に運び込んでいるのではないか、あなたは確かめたか等電話が頻繁にありました。  瑞浪市は2011年10月18日になって、やっと対応しています。    どんなに否定しても、瑞浪市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チラシをアップ 2010年2月20日アイリーン・スミスさん講演会 『原発は温暖化防止に役立つか?』 

 2010年2月20日に岐阜市で行う 『原発は温暖化防止に役立つか?』   講師:アイリーン・スミスさんの講演会のチラシをアップしました。              チラシの裏は、世界の高レベル放射性廃棄物の処分場はどのようにして、どのようなところに決まったのか、候補地はどのようにして決まったのかを簡単に説明しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決まっているの? 東濃、幌延 高レベル放射性廃棄物の処分場!?

 2009年11月25日の高レベル放射性廃棄物処分技術研究開発の事業仕分けで、以下の気になる説明があり、現地としては、意味深長な説明に「やっぱりな」との思いを強くしました。 ◆瑞浪と幌延は処分場にならないということは、「非常に微妙」なのだそうです ・質問  今の2ヶ所(瑞浪と幌延)は絶対実際の場所にはならないという前提のも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超深地層研究所安全確認委員会(開催 2009年10月9日) 傍聴メモ

超深地層研究所安全確認委員会傍聴メモ 2009年10月9日 瑞浪市内で開催された同委員会を傍聴した際のメモです。 声が小さかったり、外部の雑音があり、議事録という程正確ではありませんが、主旨を外さないように配慮しました。 委員の発言で、一部疑問があり、それについては確認中です。 ----------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一段と進む岐阜県東濃高レベル処分場への社会的圧力

超深地層研究所の地下300mに「PR坑道(トンネル100m)完成」 1.高レベル処分場が建設される地下300mの深度にPR坑道完成  原子力機構は2009年7月13日、地下300mに「国民の相互理解のため」の施設として100mの水平坑道が完成し、報道機関に公開しました。自治体からは岐阜県職員1名参加。  高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超深地層研究所の状況を伝えるために パブリックコメントに意見提出

   高レベル放射性廃棄物処分と処分場調査を進めるための「総合資源エネルギー調査会電気事業分科会 原子力部会 放射性廃棄物小委員会 」の下に設置された放射性廃棄物処分技術ワーキンググループが「地層処分研究開発に関する取組について」の中間とりまとめを作成し、意見募集を行いました。    高レベル放射性廃棄物地層処分のために超深地層研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第20回 とーのー no nukes ecolgy ピクニック

2009年5月2日(土)、恒例の東濃ピクニックのお知らせ  歩いて、山菜を摘んで、竹の子ご飯と歌の1日 ------------------------------------------------ 第20回 とーのー no nukes ecolgy ピクニックと春のごちそう ・日時:2009年5月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瑞浪市長 4者協定と科技庁の回答書を混同!

2008年11月28日に瑞浪市で開催された、超深地層研究所安全確認委員会の議事録概要が、瑞浪市のウエブに掲載されています。 この委員会は1995年12月28日の4者協定に則ったものです。 協定第一条で「事業団は、研究所について、放射性廃棄物を持ち込むことや使用することは一切しないし、将来においても放射性廃棄物の処分場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結果として周辺地域に処分場を押しつける危険性が高いPR坑道を認めない!

研究所にPR坑道は認めない! 原子力施設とPR館がセット PR坑道の次にくるものは??  繰り返される突然の発表 住民、市議会には事後「報告」  2008年8月28日、原子力機構は超深地層研究所の地下300mに水平坑道100mを掘削すると発表しました(「平成20年度 瑞浪超深地層研究所 事業計画の一部変更について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超深地層研究所の設計変更で周辺地域は一段と処分場への圧力が強まる

 2008年8月28日、原子力機構 東濃地科学センターが超深地層研究所の設計変更を公表しました。  http://www.jaea.go.jp/04/tono/press/080828/080828.html  変更理由と変更する水平坑道の図も掲載されています。  現在300mに達した主立坑から北に100m水平坑道を延長させま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more