テーマ:原子力機構

「研究用坑道いつ埋める?」 この記事 誰のため? 何のため? 

誰のため? 何のため?経過無視     2017年12月18日  岐阜県内版   研究用坑道いつ埋める?   核のごみ処分場技術目指す 瑞浪超深地層研   県や市、住民不安「日程示して」    記事にリンク     問題 【1】住民の不安は「杞憂」  超深地層研究所は協定で核のゴミを使わない、処分場にしないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研究期間2019年度、埋め戻し2022年1月の念押しを!岐阜県知事が原子力機構理事長と面談

【追記 2015.06.11 面談の記事】 記事によると、知事は研究所の期限を2019年度、2022年1月には研究所の地下を埋め戻して返却するよう、重ねて確認したようです。 私たちの要望内容と重なります。 【追記終了】 6月9日に原子力機構の児玉理事長が着任の挨拶のため岐阜県知事を訪問します。 訪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

規制委員長「話するのも嫌」 また規定違反のもんじゅに不快感  「あの」田中俊一委員長が!!

度重なる保安規定違反の「もんじゅ」 永眠しかない 福井新聞2015.05.14 規制委員長「話するのも嫌」 また規定違反のもんじゅに不快感 規制委員長「話するのも嫌」 福井新聞記事ににリンク (2015年5月14日午前7時20分)  運転再開準備の禁止命令を受けている日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本原子力研究開発機構に質問 中期目標及び計画にNUMOとの「人材交流等」記載はいつか

2015年4月24日 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 理事長 児玉 俊雄様 同 東濃地科学センター所長 杉原 弘造様  貴日本原子力研究開発機構機構の中期目標及中長期目標ならびに中期計画及び中長期計画における高レベル放射性廃棄物処分実施主体との「技術交流」、「人材交流等」及び「円滑な技術移転 」に係る質問書 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力機構に見張られていた 「反対派」私たち

【追記あり】   テレビ局が岐阜県瑞浪市にある核のゴミを処分するための研施設・超深地層研究所の取材をするので、地元で建設に反対しているの人の声(何が心配なのか)も聞きたいとの連絡があり、6月3日、東濃のみなさんと取材に応じました。  待ち合わせ場所で取材スタッフを待っていると、見覚えのある人が私たちを横目に見ながらブラブラ通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治献金で「もんじゅ」を動かすのか

 原子力機構の実質子会社、もんじゅの所長代理だった人たちが天下った企業から、敦賀市長、福井県知事、国会議員等にパーティー券購入で資金提供していたと報道されています。  原子力機構は形の上で責任はないと言い続けるはずですが、実質的には原子力機構が「もんじゅ」運転再開のために続けた献金と同じです。 ◆毎日新聞 福井県内版20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラン残土れんが その後 2 れんがの放射線量はウラン残土の放射線量 

岡山県の市民団体がウラン残土でつくった「れんが」の持ち込み拒否を知事に申し入れました。 その際、れんがの放射線量を県が独自に測定するようにも申し入れています。 私も岡山県として、全てのすべのれんがを測定すべきだと思います。  原子力機構が選んだ一部を測定しても意味のないことだと思います。  【追記 2009年6月18日】 ウラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力機構のウラン残土れんが その後

 れんがを製造している鳥取県三朝町から鳥取県外に持ち出すための動きが表面化してきました。 文部科学省の玄関の花壇、岡山県鏡町議会が受け入れ表明、岡山県の市民団体受け入れ反対表明、岡山県知事が「受け入れできない」と表明。更に岡山県知事は、「機構と国の間で解決すべきで、(協定の当事者でない)岡山県は関係がない」とも述べた」(2009.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過払いでも気付かない原子力機構 氷山の一角では?

 昨年12月に寺町知正さんと連名で原子力機構に「岐阜県内の自治体の自治体の求めによって支払っている金額、もしくは自治体に納付している金額について、その名称および支出あるいは納付の根拠となるものの全て(請求書などの自治体からの止めの文書も含む)。」を請求し、2009年2月、開示文書を受理しました。  請求対象は2006年1月1日から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第20回 とーのー no nukes ecolgy ピクニック

2009年5月2日(土)、恒例の東濃ピクニックのお知らせ  歩いて、山菜を摘んで、竹の子ご飯と歌の1日 ------------------------------------------------ 第20回 とーのー no nukes ecolgy ピクニックと春のごちそう ・日時:2009年5月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高レベルな「低レベル放射性廃棄物」処分場の誘い方

文部科学省は2008年12月25日、原子力機構法第17条第1項の放射性廃棄物の処分に関する業務に関し第18条第1項の規定に基づき主務大臣が「埋設処分業務」の実施に関する基本的な方針を示し、そのことを公表しました。 ※ 研究施設等廃棄物:RI・研究所等廃棄物と呼ばれていた放射性廃棄物です。   ・文部科学省の公表ページ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高知県大月町12月議会にRI・研究所廃棄物処分場誘致請願

ブログ「土佐高知の雑記帳」に「低レベル放射性廃棄物騒動勃発」と記載されています。 しかも、6月議会に次いで2度目とのこと。 以下、一部転載 *************************************** 大月町12月議会に「低レベル放射性廃棄物の設置調査の受け入れについての陳情書」が提出さ れることに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more