テーマ:日弁連会長声明

特定秘密保護法案に対する 日弁連会長声明 11月15日、

日本弁護士連合会 2013年11月15日 会長声明 特定秘密保護法案に反対し、ツワネ原則に則して秘密保全法制の在り方を全面的に再検討することを求める会長声明に<リンク> 国が扱う情報は、本来、国民の財産であり、国民に公表・公開されるべきものである。「特定秘密の保護に関する法律案」は、行政機関が秘密指定できる情報の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日弁連 「放射性汚染物質対処特措法施行に当たっての会長声明」

2011年(平成23年)9月20日日弁連が8月26日に成立した通称「がれき特措法」に対して会長声明を出しました。  予防原則の確認、クリアランス法を守る、焼却炉の性能試験と検証、広域処理の見直し、特措法の見直しと、新法制定に向けた検討の開始を強く指摘しています。 どの項目も真っ当です。  国会議員の中には、弁護士が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」に関す日弁連の会長声明 

 日弁連が「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」に関する会長声明を4月22日に出しました。  子どもへの人権侵害です。  文部科学省の電離放射線障害防止規則で定めた「管理区域」の規定に反します。   「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」に関する会長声明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more