テーマ:放射能汚染がれき

ジャーナリスト井部正之氏「女川町の災害廃棄物の処理、東京23区と多摩地区の焼却炉で受け入れの見通し」

放射能に汚染されたがれきや下水汚泥の調査を続けているジャーナリスト 井部正之さんの 「女川町の災害廃棄物の処理、東京23区と多摩地区の焼却炉で受け入れの見通し」がアップされました。 ◆ECO JAPAN(URLはこちら)には過去の記事がアップされています。 どうなる放射能汚染物の処理 【1】すべては燃やしてからで本当に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境省 「放射性物質汚染対処特措法に基づく基本方針骨子案」に対する意見

環境省が2011年10月17日から26日まで行う下記の意見募集に、意見を出しました。  この意見募集「放射性物質汚染対処特措法に基づく基本方針骨子案」は行政手続法に基づくものではなく、任意の意見募集ですが、放置できないため意見を出しました。  そもそも日本の意見募集は、行政手続き法に則ったものであってもなくても、行政サイドの意に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜市 がれきお断り

2011年10月20日の岐阜市長定例記者会見で、市長は「受け入れは困難」と表明しました。 9月議会での「がれきを地方自治体に押しつけないこと」とする請願採択、意見書全会一致の可決(こちら)の流れから、お断りは当然です。  10月18日に岐阜市議会議長と副議長に提出した私たちの申入書(こちら)は、議長・副議長を通じて担当部局に渡さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県知事 自治体の判断を尊重  がれき対応

がれきの受け入れについて古田岐阜県知事の「処理施設の周辺の住民に近い市町村の判断を尊重する」との考えを評価します。  岐阜県の対応は私が8月に開示請求を開始して以来、一貫して「自治体の対応を尊重する」姿勢を貫いており、高く評価していました。その背景に知事の判断があることを感じました。 中日新聞 岐阜県内版 市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼却施設周辺の放射線量測定実施 

 岐阜市議会が2011年9月29日に災害がれきの広域処理に対して「自治体に押しつけないこと」の請願を採択し、市長が9月30日の定例記者会見で議会の意思を尊重すると述べたことを、確認しつつ、私たちは計画通り2011年10月12日(水)に、受け入れるなら「岐阜市東部クリーンセンター」と限定されていることから、焼却施設の見学と施設周辺の放射線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜市長 議会の意思を尊重する

10月1日の岐阜新聞は「岐阜市長 災害廃棄物の受け入れ反対 議会の意思、尊重」との記事を掲載しました。 --------------------------------  岐阜市長  災害廃棄物の受け入れ反対  議会の意思、尊重 岐阜市の細江茂光市氏は30日の定例会見で、29日閉会の市議会が災害廃棄物に関する請願を可決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災害廃棄物の受け入れ拒否の請願を全会一致で採択 岐阜市議会厚生委員会

岐阜新聞 2011年9月28日 災害廃棄物受け入れ拒否  国への請願採択 岐阜市議会厚生委 岐阜市議会の厚生委員会は27日、東日本大震災で発生した災害廃棄物の受け入れに関する請願を全会一致で採択した。  請願では、「地方自治体が安易に災害廃棄物の処理を受託することは全国に放射性物質による汚染を拡大することには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国頼み、当事者意識なしゼロ 岐阜市長のがれき受け入れに対する姿勢 

岐阜市長、当事者意識なし 9月22日岐阜市議会がれき問題質疑の概略   田中成佳議員  焼却灰も日弁連が100ベクレル以上なら管理すべきだとしている。  国は焼却施設の性能の検証もしないで進めようとしている。  徳島市議会は市議会として、自治体にがれきの処理処分を押しつけるなと、決議した。    ・がれきに放射…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県がれき受け入れ可能性調査(2011年8月18日時点)とその後の経過

岐阜県開示資料より 2011.08.17日時点 岐阜県がれき受け入れ可能性調査  【追記】2011.09.27、 2011.09.28、2011.09.29 【追記 2011.09.29】  【追記 2011.10.05】 2事務組合お断りと事務組合の整理(品目で分けていたが整理)   【追記 2011.10.21】 が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日弁連 「放射性汚染物質対処特措法施行に当たっての会長声明」

2011年(平成23年)9月20日日弁連が8月26日に成立した通称「がれき特措法」に対して会長声明を出しました。  予防原則の確認、クリアランス法を守る、焼却炉の性能試験と検証、広域処理の見直し、特措法の見直しと、新法制定に向けた検討の開始を強く指摘しています。 どの項目も真っ当です。  国会議員の中には、弁護士が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楢葉町長の関連会社の所有地を売却 汚染がれきの 中間貯蔵施設に?

 2011年9月10日中日新聞 「汚染がれき、福島・広野町に搬入計画」の記事をどのように受け止めたら良いのか・・・・。   東京電力福島第2原発の立地自治体である楢葉町の草野町長の長男が経営する建設会社の所有地(福島県広野町の採石場跡地)を汚染がれき搬入を計画する東京の不動産会社に売却した。  この場所ががれきの中間貯蔵施設の候…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染がれき 岐阜県内の状況 ②

◆『AERA』に掲載された岐阜県内の受け入れ自治体 ・焼却処分 量:㌧/年最大受け入れ可能量  大垣市 9659㌧、高山市 1700㌧、多治見市 2000㌧、中津川市 900㌧、  瑞浪市 1200㌧、山県市 750㌧、  下呂市 7000㌧、  岐阜羽島衛生施設組合 2000㌧、  可茂衛生施設利用組合 41300…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染がれき  岐阜県内の状況 ①

◆環境省の画策  放射能汚染がれきを被災地以外の都道府県の自治体で焼却処分するための準備が、原発震災直後から環境省内で始まっていました。  4月8日には環境副大臣の名前で都道府県を通じて、一般廃棄物処理処分が義務付けられている市町村に、がれき受入可能量調査が開始されました。岐阜県内の自治体も災害支援のために、大半の施設が受入可能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能汚染がれきや放射能下水汚泥について 私たちの考え

◆放射能に汚染された下水汚泥やがれき対する私たちの考え   放射性物質は焼いても埋めてもなくなりません。  放射性物質に汚染された汚泥やがれきは移動させない、焼却しない、再利用しない、厳重に管理する、これが原則です。  政府は放射性物質の発生責任者である東京電力にこれらを回収させ、厳重に管理させる法律をつくるべきです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染がれき 岐阜に!? もう一つの原発廃棄物学習会

汚染がれき 岐阜に!? もう一つの原発廃棄物学習会  【追記2011.09.29  学習会井部講師資料はこちら】 東日本大震災による東京電力福島第一原発事故で、放出され続ける放射能が日本を広範囲に汚染さています。全国各地でヨウ素やセシウムが検出されました。東海地域も例外ではありません。汚染された稲わらは日本各地で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more