れんげ通信ブログ版

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018.5.16瑞浪超深地層研究所深度200m研究坑道内における火災の発生

<<   作成日時 : 2018/05/16 21:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

  【追記あり 2018.5.17 岐阜新聞、中日新聞を追加しました】 

火災場所、どこかわかりますか?
 印が小さくて、どこで火災が発生したのか、わかりにくい記載です。
これも原子力機構の手法。


瑞浪超深地層研究所深度200m研究坑道内における火災の発生について リンク
平成30年5月16日
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
核燃料・バックエンド研究開発部門
東濃地科学センター

画像


1.発生日時:
平成30年5月16日(水) 10:30分頃

2.発生場所:
東濃地科学センター瑞浪超深地層研究所換気立坑深度200m連結部

3.状況:
◦本日、10時30分頃、工事業者現場事務所中央監視室において瑞浪超深地層研究所深度200m研究坑道の火災報知器が発報。監視用カメラにより発火を確認したため、工事業者が現場に向かう。

◦10時56分頃、119番通報。

◦10時57分頃、初期消火を実施。坑道壁面が幅1m、高さ1.3m程度にわたって焦げていること、送風管の一部が焦げていることを確認。

◦11時43分頃、公設消防本部により鎮火確認。

4.原因:調査中

5.環境への影響及び被ばくの有無:
周辺環境への影響はない。被ばく、人身災害なし。

【添付資料】
東濃地科学センター 関連施設位置図、研究坑道イメージ図

リンク 



岐阜新聞ウェブ

瑞浪超深地層研で火災 環境へ影響なし
       リンク

 2018年05月17日 08:18

 
画像


壁と送風管が焦げた坑道=16日午前、岐阜県瑞浪市明世町山野内、東濃地科学センター瑞浪超深地層研究所(同研究所提供)

 16日午前10時30分ごろ、岐阜県瑞浪市明世町山野内の東濃地科学センター瑞浪超深地層研究所で、地表から深度200メートルの坑道内で火が出ているのを施設管理者の監視員が見つけ、作業員が間もなく消し止めた。ビニール製送風管の一部とコンクリート壁が幅1メートル、高さ1・3メートルにわたって焦げた。けが人はいなかったほか、環境への影響はないという。同研究所では、坑道に沿って配線している電気系統のケーブルから出火した可能性があるとみている。

 同研究所によると、現場は、資材の運搬などに使う「換気立坑」と呼ばれる地表から深度500メートルまで続く坑道と、ボーリング調査に使う「ボーリング横坑」が垂直に交わる連結部分。出火当時、現場付近は無人で、施設内の中央監視室で監視員が火災報知器の発報とカメラ映像で火災を確認し、作業員2人がバケツの水で消火した。多治見署が出火原因を調べている。

 同研究所は2002年に開所。放射性廃棄物を安全に処分するための研究などを行っているが、施設内に放射性物質は保存していない。同研究所では04年に地上で掘削設備の改造作業中に煙が出たことがある。

 火災を受け、水野光二瑞浪市長は「原因をしっかり究明し、今後の安全対策に万全を期していただきたい」とコメント。同研究所は「原因の究明と対策を講じ、安全第一に取り組んでいきたい」としている。



 中日新聞

      
画像




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018.5.16瑞浪超深地層研究所深度200m研究坑道内における火災の発生 れんげ通信ブログ版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる