岐阜県がれき受け入れ可能性調査(2011年8月18日時点)とその後の経過

岐阜県開示資料より 2011.08.17日時点 岐阜県がれき受け入れ可能性調査
 【追記】2011.09.27、 2011.09.28、2011.09.29
【追記 2011.09.29】
 【追記 2011.10.05】 2事務組合お断りと事務組合の整理(品目で分けていたが整理) 
 【追記 2011.10.21】 がれきの広域処理再調査で8自治体・2組合の岐阜県への回答を受けて
【追記 2011.11.12】
 青で記載

 【がれき学習会資料はこちら

◆岐阜市 可燃性混合廃棄物 2000㌧/年
     放射能による汚染がないこと他9項目の条件
     対象施設:岐阜市東部クリーンセンター
      市議会答弁:条件付き受け入 2011.9.22

【追記2011.09.27】
2011年9月27日、岐阜市議会厚生委員会で、がれきの自治体への    
押しつけ 拒否請願、全会一致で採択。

最終日の本会議に、厚生委員会から
      汚染が低レベルなものであっても、放射性物質に汚染された            
      廃棄物を国の責任において行い、地方自治体に押しつけないこと」     
     を意見書として提出。委員会が全会一致の採択なので、本会議の可決は確実。

【追記2011.09.29】
    ◎岐阜市議会本会議で、がれき受け入れ拒否(がれきを地方自体に押しつけないこと)請願を全会一致で採択。
    岐阜市議会の意見書として“がれきを地方自体に押しつけないこと”を全会一致で可決し国の関係機関提出。
 
    【追記2011.10.05】 
市長、議会の請願採択、意見書の可決に対し、「議会の意思、尊重する」(岐阜新聞2011.01.01)  

 請願文は5番目(こちら)にあり。
    ◎ お断り 2011.10.20 調査票の「検討内容等」の欄に「受け入れ困難」と記載して提出。  

◆大垣市 生ごみ(日常生活から排出される廃棄物) 畳・可燃性混合物 9659㌧/年
    放射能汚染廃棄物ではない証明他3点の条件
    対象施設:大垣市クリーンセンター
   ◎お断り文書提出 早期に岐阜県を通じて環境省に

◆高山市 生ごみ、畳・可燃性混合物   1620㌧/年
   放射能廃棄物ではないこと他6項目の条件
    対象施設:高山市三幅寺町
    ◎お断り文書提出 早期に岐阜県を通じて環境省に  

◆多治見市 可燃性混合廃棄物 2000㌧/年
    「放射能廃棄物ではない証明」他4点の条件
      対象施設:焼却 三の倉センター、埋立 大畑センター
2011.10.20回答を保留
       ◎2011.11. お断り

◆中津川市 可燃物 建設廃材は不可600㌧/年
     放射能廃棄物ではない証明他5項目の条件
     対象施設:中津川市環境センター
     市議会答弁:条件付き受け入れ(2011.9.13中日新聞記事)
      ▲ 2011.10.21 回答提出遅れる
      ◎お断り 2011.10.24 回答

◆美濃市  がれき類  量 未記入
     3項目の条件
       対象施設:美濃市ごみ埋立処分場
        ◎お断り2011.1020

◆瑞浪市  可燃性混合廃棄物 1.200㌧/年
           3項目の条件
     対象施設:クリーンセンター
       ○受け入れ拒否(2011年8月25日中日新聞記事)

           ◎お断り 2011.1020        


◆土岐市  可燃性混合廃棄物 1400㌧/年
        放射能廃棄物ではない証明他6つの条件
        対象施設:環境センター
     市議会答弁:条件付き受け入れ(2011.9.8中日新聞記事)
         ▲2011.10.21検討中 ただし受け入れ前提でない     
          ◎お断り 2011.10.24回答  
   
◆各務原市 可燃性混合廃棄物  900㌧/年
       放射能検査証明書の他に7つの条件
    対象施設:各務原市北清掃センター
      ○受け入れ拒否(2011年8月25日中日新聞記事)
        ◎お断り 2011.10.20

◆山県市 生ごみ 生活から排出される廃棄物 750㌧/年
        放射能汚染廃棄物ではない証明
     対象施設:山形市クリーンセンター 
     ○受け入れ拒否(2011年8月25日中日新聞記事)

          ◎お断り 2011.10.20

◆飛騨市  生ごみ等、畳、絨毯類 その他  205㌧/年放
         射能汚染廃棄物ではない証明他5項目
          対象施設:南吉城クリーンセンター
     ◎お断り文書提出 早期に岐阜県を通じて環境省へ

◆下呂市  生ごみ、可燃性混合廃棄物 700㌧/年
       放射能汚染廃棄物ではない証明他6項目
         対象施設:下呂クリーンセンター
      ◎お断り文書提出 岐阜県を通じて環境省に

◆可茂衛生施設組合 生ごみ、可燃性混合廃棄物   4130㌧/年(4点の条件)と
              家電製品類  1540㌧/年(2点の条件)
  ○施設立地自治体可児市市議会答弁:受け入れる
   ことができない (2011.9.8岐阜新聞記事

        2011.10.21 回答提出遅れる
       ◎2011.10.25 お断りと回答

◆南濃衛生施設利用事務組合 1800㌧/年
       放射性物質に汚染されていないこと他6点の条件付き
     対象施設:清掃センター
     ◎お断り文書提出 早期に岐阜県を通じて環境省へ

◆西濃環境整備組合 生ごみ可燃物のみ。 3000㌧/年
       放射性物質に汚染されていない証明他7点の条件
     対象施設: 保全センター
     ◎お断り文書提出 早期に岐阜県を通じて環境省へ

◆中濃地域広域市行政事務組合 生ごみ等 畳、絨毯等  6000㌧/年
                     可燃性混合廃棄物、家電製品類、家具類 
                     500㌧/年
   ともに、放射能汚染廃棄物ではない証明他5点の条件
        対象施設:クリーンプラザ中濃溶融施設
        >◎お断り2011.10.20

◆西南濃粗大廃棄物処理組合 可燃性混合廃棄物、家電製品類、
                     家具類、不燃ごみ 780㌧/年
  対象施設:西南濃粗大廃棄物処理センター
      西南濃粗大廃棄物処理組合(大垣市、海津市、養老町、
            垂井町、関ヶ原町、神戸町、輪之内町、安八町)
     ◎お断り文書提出 早期に岐阜県を通じて環境省に


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック