れんげ通信ブログ版

アクセスカウンタ

zoom RSS 核のゴミ 白紙に戻す覚悟で見直しを  日本学術会議原子力委員会への報告書(案)

<<   作成日時 : 2012/08/23 20:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【追記あり 2012.8.24】

 2012年8月23日のNHKニュースで、原子力委員会が2010年9月に日本学術会議に高レベル放射性廃棄物処分地選定に関わる取り組みについての「国民に対する説明や情報提供のあり方について」の提言を依頼しました。(2010年9月の原子力委員長の依頼書にリンク

依頼に対する「報告書(案)」を入手した、報告書は来週原子力委員会に提出するとNHKが報道しました。
これは2012年6月18日に東京新聞が報道した内容とほぼ同じはずです。
 (東京新聞記事についての当部ログの意見にリンク

 当ブログ「ほろのべ核のゴミを考える全国交流会と宣言、記事」にリンク

 岐阜県瑞浪市で建設している核のゴミ処分研究施設・瑞浪超深地層研究所の地質や地下水の状況を観続けている私にとって、「核のゴミの地下埋め捨ては、地震と地下水の国・日本では無謀で、見直すべきだと思っています。日本学術会議の報告は極常識的で、真っ当なものに思えます。
 ところがNHKは、「問題の解決を先送りする内容ともいえ、今後、論議を呼びそうです」と受け止めています。NHKは現実を確かめることからはじめる必要があります。

報告を受けた原子力委員会というより、経済産業省が受け入れるかどうかです。私たちは「エネルギー・環境に関する選択肢」の議論とリンクさせて、原発を即ゼロとし、核燃料サイクルを完全放棄する選択肢を選ばせる努力を続けます。 

【追記 2012.8.24】 1999年11月、核燃料サイクル開発機構(現・日本原子力研究開発機構)が『わが国における高レベル放射性廃棄物地層処分の技術的信頼性』(全4分冊 通称:2000年レポート)を原子力委員会に提出し、原子力委員会は依頼した課題をに応えているとして、了承しました。この報告をもとに2000年5月末日の国会の会期末に「特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律」が成立しました。

 2000年レポートと特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律を支えているのが、「将来10万年程度にわたって十分に安定で、かつ人工バリアの設置環境および天然バリアとして好ましい地質環境がわが国にも広く存在すると考えられる」(総論レポートC)です。

 この報告に対し「『高レベル放射性廃棄物地層処分の技術的信頼性』批判」(2000年7月20日 地層処分問題研究グループ<高木学校+原子力資料情報室>で「日本列島で今後10万年間地震の影響を免れる場所を高い信頼度で選定することは、ほとんど不可能である」と石橋克彦氏が指摘しています。

 また、石橋克彦氏は「日本列島では事前に安全な処分場を選定することはできない。地層処分は、未来世代に途方もない迷惑をかける可能性の高い、無責任な賭だ」(『原発震災』七つ森書館』)とも指摘しています。

 こうした批判と「亀裂」(決して断層とは言わせない)が大飯原発の敷地内よりも多数ある超深地層研究所の用地で、直径6.5mと4.5mの巨大立坑を掘り、必然的に湧き出す大量の地下水を、セメントミルクで押さえながら、それでもなお1日に700立米〜600立米の湧水があっても、マスコミ、タレント、学者など多数投入して税金で安全宣伝を繰り返してきました。これが地層処分研究の現実です。

 2000年レポートによる高レベル放射性廃棄物地層処分の根拠が根底から崩すのが、日本学術会議の報告書なのかもしれません。
 しかし報告書にどのように書かれているのか、マスコミの記述は揺れています。
 東京新聞6月18日のスクープ以後、秘密会議の原子力委員会、何が何でも高レベル放射性廃棄物は地層処分すると考えている資源エネルギー庁と取り巻く組織が何をしたか、しなかったか、日本学術会議が独立性を維持できたかどうか、、今は知るすべがありません。 【追記 2012.8.24 終わり】

 
           
画像

    
                  
画像



NHK2012.08.23 ニュース

核のゴミ 白紙に戻す覚悟で見直しを

8月23日 18時54分

原子力発電所から発生する高レベル放射性廃棄物を捨てる場所が決まらない問題を巡り、日本学術会議は、国が進める地下深くに数万年以上埋めて処分する計画は、根源的な課題で行き詰まっているとして、今の枠組みを白紙に戻す覚悟で見直すべきだとする提案をまとめたことが分かりました。

原発の使用済み核燃料から発生する高レベル放射性廃棄物を巡っては、国が地下300メートルより深くに数万年以上埋めて処分する計画を決めましたが、処分場の候補地選びは難航し、捨てる場所は決まっていません。
このため、国の原子力委員会は第三者からの意見を求めようと、科学者が集まる日本学術会議に提言を依頼し、NHKは学術会議がまとめた報告書の案を入手しました。
それによりますと、東日本大震災で、原子力政策そのものが大きく揺らいでいるなか、根源的な課題で行き詰まっているとして、今の処分の枠組みを白紙に戻す覚悟で見直すべきだとしています。

具体的には、地震や火山が活発な日本で、数万年以上に及ぶ長期にわたって安定した地下の地層を確認することは、現在の科学では限界があることを自覚すべきだとしています。
そのうえで、高レベル放射性廃棄物を数十年から数百年程度、地上や地下に暫定的に保管し、猶予期間を利用して技術の開発や国民的な合意の形成をすべきだと主張しています。
学術会議は、来週、報告書を原子力委員会に提出することにとしています。
原発は高レベル放射性廃棄物を捨てる場所がないことから、“トイレなきマンション”と批判されてきましたが、この提案は、これまでの国の方針に転換を迫る一方、問題の解決を先送りする内容ともいえ、今後、論議を呼びそうです。


核のゴミその課題

「高レベル放射性廃棄物」は、原発の運転に伴って発生する放射能レベルの極めて高い、いわゆる“核のゴミ”です。
日本では、使用済み核燃料を再処理し、プルトニウムなどを取り出す政策をとっていて、残った廃液をガラスで固めた直径43センチ、長さ1.3メートル、重さ0.5トンの円筒のものを「高レベル放射性廃棄物」と呼んでいます。

人が近づくと10数秒で致死量に達するレベルの極めて強い放射線が出ていて、その影響は数万年以上に及ぶため、処分にあたっては人の生活環境から隔離する必要があります。
経済産業省によりますと、高レベル放射性廃棄物は、表面から出る熱を冷ますために30年から50年程度、地上近くで冷却することになっていて、青森県六ヶ所村の施設に、昨年度末で1500本余りが保管されています。また、各地の原発の敷地内などに2万2000本余りに相当する量の使用済み核燃料がたまっています。その重量は合わせて1万2000トン余りに相当します。

高レベル放射性廃棄物を巡っては、国が平成12年に定めた法律に基づいて、電力会社が中心となって作った組織が、平成40年代後半の処分開始を目指し、全国の市町村から処分場の候補地となる調査地点を公募しています。

国は応募を積極的に促すために、最初の2年間だけで20億円という交付金を設けました。しかし、応募したのは平成19年の高知県の東洋町だけで、東洋町では賛否を問う町長選挙を経て町長が交代し、応募は撤回されました。

こうした背景には、住民の間に安全性に対する根強い不安があり、高レベル放射性廃棄物を最終的に捨てる場所は、国内では決まっていません。
高レベル放射性廃棄物の処分を巡っては、原発があるほかの国でも共通した課題で、フィンランドでは2001年に、スウェーデンでは去年、使用済み核燃料をそのまま地下に埋める処分場の場所が決まっています。


また、ドイツは1977年に地下の岩塩の地層に、アメリカは2002年、砂漠地帯の地下に使用済み核燃料などを処分する方針が一度は決まったものの、政権の交代で計画は撤回されています。
一方、カナダでは、今後60年程度、原発や専用の貯蔵施設で使用済み核燃料を一時的に管理しながら、最終処分のための準備を進めることになっています。


根本的に変える提案だ
日本学術会議がまとめた報告書の案について、福島第一原発の事故を検証した民間の事故調査委員会の北澤宏一委員長は「これまでの国の放射性廃棄物の処分に関する政策を根本的に変える提案だ」と述べました。
また、北澤委員長は「東日本大震災が日本人の楽観的な精神をひっくり返し、日本のような地震国では、高レベル放射性廃棄物の処分で『安全はない』という前提を突きつけた」と指摘しました。


そのうえで、「暫定的な保管」という提案について、「放射性廃棄物の問題を一時的に棚上げするという批判は免れないものの、段階を踏みながら考えるという現実路線に沿った提案だ」と評価しています。
さらに、北澤委員長は「原子力は長期間消えない『放射能』という負の遺産を作り出し続けるという意味で、将来の子孫に迷惑を与えるエネルギーであることは紛れもない事実だ。日本のエネルギーをこれからどう転換するかという道筋を、国民全体で議論する大きな材料を与えてくれた」と話しています。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
核のゴミ 白紙に戻す覚悟で見直しを  日本学術会議原子力委員会への報告書(案) れんげ通信ブログ版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる